PERSISTENCE

展示作家:新井五差路、百頭たけし、藤林悠

2018年11月18日(日)〜12月15日(土)
会場:芸宿(石川県金沢市)

展示会場撮影:松尾宇人

caption_PERSISTENCE20181118

 

■トークイベント
日時:11月18日(日)16:00-18:00 

「風景を記録すること」

展示作家の2名(百頭たけし、藤林悠)とキュレーターの大下裕司 氏をゲストに迎えてのトークディスカッション。当展覧会は、風景写真を執拗に記録する写真家によって構成されています。今日に発達したデバイスにて、視界に広がる世界を留めることは、どのような行動でしょうか。この展覧会の成り立ちも加えて話していきます。

風景と光景について、巡回展とは?というお話から、アーティストが展覧会を企画するということまで、多岐に話題を広げお話し。
墨田区のあをば荘から金沢の芸宿へ「巡回」という名義での開催でしたが、場所構造の差も相まったのと、ほとんどが新作での展覧会構成のため前回展とは印象の違う展示になったため「巡業展」ではという指摘も。藤林はわざわざinstagramという媒体にupしたものを再度引き戻す理由、百頭氏は2013年に大下氏も企画参加したグループショウからの変化についてなど。

 

■撮影ワークショップ
日時:12月15日(土)13:00〜18:00

「カメラを持って、兼六園とは逆の方へ行く。」

北陸鉄道浅野川線・蚊爪駅周辺を散策。付近の潟をはじめ、工場地帯、ジャンクヤード周辺を歩き、芸宿へ帰還。各々が撮影した写真を「なぜ撮影したか」の理由とともに参加者、作家ともにモニタービューにて発表。


写真記録:松尾宇人、藤林悠、芸宿  動画記録:奥祐司

← back