常に選択を求められる私は、間違いと正しさの間を行き来し、この選択の正しさを求め続けている。

ここにいることが間違いではなかったと、一体誰が証明してくれるのだろう。

しかし、恐れてはいけない、選択は既に行われたのだ。