103

ビデオ・インスタレーション

大阪の”graf”の内装によるswicth pointの特徴的な空間の、天井を定点観測したものをインスタレーションとして再提示。
モニターで流される映像は、静止画の焼き直しではなく、時間軸を持った動画。映像・写真共に撮影された同位置に設置されている。
限定された視線は、通常目にすることのない場所へ視点を誘導する。

見つめることは、世界を掌握する、最も世界を捉えうる行為なのかも知れない。

設置状況撮影:王 丹戈(一部、藤林悠)

個展「藤林 悠 展」 @ switch point(東京都国分寺市)

2009.7/2〜7/12