memory


2013.06

 

その図像を見た頃、私は当時7歳か8歳だったと思う。
記憶の底に眠っているイメージは恐怖というより不可解なものだった。
よくわからないながら状況を理解しようと勤めた、曖昧な記憶を確定的にするために。

 

IAV Selection vol.16 “memory” 藤林悠/FUJIBAYASHI Haruka(studio105)
@ 茨城県取手市・井野アーティストヴィレッジ
2013.6/14〜2013.7/14